私が初めて、中国貿易に触れたのは鈴木さんの在宅中国貿易でした。今まで、輸入といえば、北米やヨーロッパぐらいしか選択肢に無かったので中国との取引?なんで中国?怪しいし。中国語とか、その他もろもろ、どうやってんだろ?非常に謎めいており極めて新鮮でインパクト大だったのを覚えています。

 

今や、様々な方が普通に中国貿易をされてます。特に珍しい稼ぎ方ではありません。物販には、色々な稼ぎ方がありますが、私が前から感じていたのは

 

桁違いに大きく稼いでいる人って中国貿易をやっている人が多い

 

それは、前から気になっていました。

国内せどりや、アメリカヨーロッパの輸出入などを行っている方が、同時に中国貿易を絡めて大成功されている方が、非常に多いのです。

 

当時(今から3年ぐらい前)はまだまだ情報が少なくて、怪しいが先行していた中国貿易ですが、手引書なるノウハウが多く出ているんで今や恐れる事は、ありません。

 

中国貿易って、同じ商品を大量に売りさばくイメージがありますよね。こないだ、FBAで、どのぐらいまで、同じ商品(新品)商品を送れるのかAmazonに聞いてみました。

そしたら、このような回答が。

————————–Amazonからの回答ここから—————————-

お問い合わせいただきました、
「FBA同一商品を一度に送れる数量」についてご案内いたします。

特に制限はございません。

100点でも200点でも納品されたい場合は可能でございます。

しかしながら、FBA在庫画面の「ストレージモニター」
に表示されている 5000 ユニットを超える数量は納品できかねますことを予めご了承ください。

その他ご不明な点などがございましたら
ご遠慮なくAmazonテクニカルサポートまでお問合せください。

————————–Amazonからの回答ここまで——————————

FBAは、通常、5000個までしか送れない事になっているのでその上限までOKという事ですね。ですか、上限5000で一アイテムのみ5000個納品する出品者ってスゴイツワモノですよね。